尿漏れと聞くと高齢者の悩みというイメージがあるかと思いますが、実は尿漏れを起こしたことのある女性は、日本に約2000万人もいると推計されています。
40歳ころから増え始め、40歳以上の女性のおよそ3人に1人が経験があると考えられます。

男性もおよそ300万人が尿漏れに悩んでいます。
以前は男性のケースは女性と比べるとあまり知られていませんでしたが、近年の超高齢化に伴って、男性も増加傾向にあります。
パターンとしては腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁がありますが、どちらも対策や改善できるトレーニング方法があります。

若者でも頻尿や尿漏れに悩んでいる?

悩む様子の男女

骨盤内には膀胱や子宮や直腸といった臓器が並んでいて、骨盤底筋がハンモックのようにこれらの臓器を支えています。
尿道の真ん中あたりには尿道括約筋があり、オシッコを溜めている時はぎゅっと締めて漏れるのを防いでいます。

女性の尿漏れ

腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の2つのタイプがあります。
およそ5割の人は腹圧性、約2割の人は切迫性、約3割の人は両方が合併している混合性尿失禁です。

腹圧性失禁
咳やクシャミをしたり、笑ったり重い荷物を持ちあげた時などに起こります。お腹に力が加わるからです。
出産の際に骨盤底筋が傷ついて緩んだことが引き金になることもあります。
また、肥満で骨盤底筋が緩むこともあります。
そのため、高齢者でなく20歳代や30歳代でもオシッコが漏れることに悩んでいる人は少なくありません。
また、閉経後に女性ホルモンの分泌量が少なくなったことや、子宮などの手術で括約筋の機能が低下したことで症状が起きることもあります。
切迫性失禁
急に尿意を催してトイレに行くまでに我慢できずに漏らしてしまうことがあります。
昼間や夜間の頻尿を伴うことも多いです。
わずかな刺激で勝手に膀胱が収縮してトイレが近くなる過活動膀胱を伴うケースも見られます。
過活動膀胱は、肥満などのメタボリックシンドロームとも関係していると考えられているので、肥満の人は若い人でも要注意です。

男性の尿漏れ

男性は切迫性、溢流性(いつりゅう)性、排尿後尿滴下があります。

溢流性
オシッコを出そうとしても出にくくなります。
膀胱に溜まったオシッコが意思とは関係なく少しずつ漏れてしまいます。
排尿後尿滴下
オシッコをした後に尿道に残ったオシッコがじわじわとしみ出てしまいます。
いわゆる切れが悪いと言う状態です。

こうした症状はお年寄りの病気だと思っている人も多いようですが、若い人でも悩んでいる人はたくさんいます。
恥ずかしがらずに泌尿器科を受診しましょう。

尿トラブルにはトレーニングで対策をする

仰向けになる女性

腹圧性失禁を予防・改善するには、緩んだ骨盤底筋を鍛えることが重要です。
骨盤底筋を鍛える方法の一つに、骨盤庭訓訓練があります。

骨盤底筋訓練は、最初は仰向けになってやるのが良いでしょう。膣や肛門を締めている感覚を掴みましょう。
体の力を抜いてできるようになると、座ったままでも電車の中などで立っている時でも、いつでもどこでもできるようになってきます。

仰向けに寝て、お腹や足やおしりの力を抜いてリラックスします。
次に骨盤底筋をお腹側にある恥骨に引き寄せて、膣や肛門を締めていきます。体の奥の方へ引き込むようなイメージで行ってください。

ゆっくりと膣や肛門を締めて緩めて、これを10回行います。
その後、素早く膣や肛門を締めて素早く緩める、という方法で10回繰り返します。
ゆっくりと行うのと素早くやるのを10回で1セットにして、1日に2~3セット行うのが理想的なやり方です。
トイレの途中で止めることができるようになれば、正しくできている証拠だと言えます。

骨盤底筋訓練は、切迫性失禁の改善に特に効果があります。
また、下着が濡れる等の中程度の失禁であれば、腹圧性の場合もこの骨盤底筋訓練を行えば、およそ60%の人が改善すると言われています。

3ヶ月も続ければ効果が実感できるでしょう。
3ヶ月ほど行っても効果が感じられない場合は、一般的な腹圧性失禁や切迫性失禁ではないのかもしれません。
泌尿器科や婦人科を受診してください。

また、医師の指導の下で膀胱訓練を行うこともあります。
オシッコを我慢する時間を少しずつ長くしていって、膀胱に溜められるオシッコの量を増やしていく訓練です。
日本人の1回のオシッコの量は一般的には200~400mLです。
1回に150mL以下の場合は膀胱訓練を行うことで、膀胱に溜められる水分量が増えていくでしょう。

トレーニングをする前に注意すること

骨盤底筋訓練は、行ったからといってすぐに効果が出るものではありません。3ヶ月以上続けることが大切です。

そして症状が良くなった後も続けてください。
日本人は何かとせっかちな人が多いようですが、3日ほどやっても効果がないからと言って止めてしまわないようにしましょう。
3日坊主は厳禁です。
出産経験のある女性では、予防のためにこれらのトレーニングを習慣づけることも勧められています。

膀胱訓練は、最初は5分くらいから始めて次第に我慢できる時間を延ばしていきます。
トイレが近いと、ついつい早め早めにトイレを済ませておこうとしがちです。
しかしこのように早めにトイレに行く習慣をつけてしまうと膀胱が次第に小さくなり、余計に溜められる水分量が少なくなってしまいます。
我慢すれば膀胱は広がるので、少しずつ我慢できるようにしましょう。
万が一漏らしてしまった時のために、パットなどを当てておくと安心でしょう。

膀胱訓練だからと言って、飲む水分量を減らしたりしないように気をつけてください。
膀胱訓練を行っている時は、一日に1200~1500mLの水分を摂りましょう。

また、骨盤底筋訓練や膀胱訓練は頻尿の対策にはなりますが、これらは医療機関で受けている治療の補助的に行うトレーニングです。
骨盤底筋訓練や膀胱訓練を行っているから薬は飲まなくても良いなど、医療機関で診察を受けずに改善するための方法ではありません。

きちんと医師の指導の下でトレーニングを行い、どの程度改善しているかなども確かめてもらうことが重要です。
また、頻尿の陰に何らかの病気が隠れていたというケースもあるので、必ず医師の診察を受けてからこれらのトレーニングを行ってください。

日常生活では、アルコールの摂りすぎやカフェインを含む飲み物を控えるようにしましょう。
また、便秘をしていると腸が膀胱を刺激するので、便秘にも気をつけてください。
肥満の人は減量することが大切です。

頻尿や尿漏れなどは重大な病気も考えられる

尿漏れや頻尿の大半は、腹圧性失禁や切迫性失禁と呼ばれるものですが、中には子宮筋腫がオシッコの通り道を圧迫していたり、男性の場合は前立腺肥大症や前立腺がんというケースもあります。
また、女性で生理痛が強かったり生理の回数が増えたといった症状がある場合は、婦人科を受診しましょう。
女性の5人に1人に子宮筋腫があると言われています。

前立腺肥大症は年齢を重ねるにつれて前立腺が肥大する、男性特有の病気です。
前立腺が肥大することで尿道が圧迫されて出にくくなったり、過活動膀胱になったりします。
男性の場合は、前立腺肥大症に過活動膀胱が加わって尿漏れが起きているケースが多いです。
前立腺肥大症の患者さんの50~75%が、活動膀胱を合併しているという報告もあります。

前立腺がんは年々増加しています。男性がかかる部位別のがんで1位なのが前立腺がんです。
50歳以上の年齢で発症することが多区、初期は無症状ですが、進行するにつれてオシッコがまだ残っている感じや、痛み、血が混じるなどの症状が現れます。

また、他にも膀胱結石や膀胱炎などの病気も考えられます。
オシッコの時に痛みがあったりオシッコ濁っている場合は、その可能性が高くなります。
そのほかにも心因性膀胱といって、ストレスなどの心理的な要因で口が渇くために多くの水分を取っった結果、頻尿となっているケースもあります。

他にも脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患や、パーキンソン病や脊髄損傷などの脊髄疾患が関係して症状が起きることもあります。
これらはオシッコをコントロールする脳の中枢神経と膀胱との連携がうまくいかなくなるためです。

まずは、これらの病気が隠れていないか、泌尿器科で検査を受けることをお勧めします。